周年イベント

母校のビッグバンドサークル「Jazz Junk Workshop」40周年のイベントに参加して来ました。

伝統校と違って、こういうイベントの際もプレイヤーにお呼びが掛かる事も別段ないので、今回も部外者として先輩・後輩の演奏を眺めてるだけになるだろなあと思っていたのですが、後輩の計らいによってゲスト参加させて貰える事に。

ところが・・

160614-07

たった1曲、ソロを吹くだけ、だったはずなのに、力入り過ぎてたのか、鼻血を盛大に垂れ流しながらの演奏になってしまいました・・嗚呼。

翌朝ケース開けてみたら、楽器が思った以上にスプラッタなことになっていて我ながらビックリ。
ご観覧の皆さんには大変お見苦しいところをお見せしてしまい、大変申し訳ない次第です・・。

長年、畏怖と尊敬を抱いてきた先輩や、迷惑かけまくって来た後輩たちの前で無様なことは出来ないなーとか、「いいとこ見せたい」的ちっぽけな邪念が働いちゃってましたね・・。一体いつになったら落ち着いて演奏出来ようになるんだか。自分の修行の足りなさに、本当に落ち込みます・・

今回の会場は、ある意味歴史的な建造物である安田講堂。

IMG_4138

オープンマインドとはお世辞にも言えない大学施設課を口説いてこの場所を借りる為に幹事の皆さんが相当尽力したみたいで、最初は正直「そんなウツワなんて何でもいいじゃん・・年寄りの感傷でそんな大仰なことしなくても」なんて思ってましたが、とても良い雰囲気に改装されていて、素敵な場所でした。

それにしても、昔はボロい建物ばっかりだったのに、どんどん綺麗な建物になってるわ、コンビニやらレストランやらあるわと、独立行政法人になって以降、金持ってることを隠そうともしなくなりましたね、我が母校は(笑)

自分の演奏はさておき、たくさんの先輩方・後輩達の音が聴けて楽しかった。
日常の仕事やらが忙しい中音楽続けててくれてるのは、なんか勝手に連帯感あって嬉しいのです。(自分は勤めながら音楽もそこそこやる、というバランス取れた生き方は出来無かっただけに)

ン十年振りに会えて嬉しかった方もたくさん。終演後の宴会では、言うまでもなく飲み過ぎました。
年月が経過した事を忘れてしまう位の雰囲気に釣られますね・・。

でもって、折角の機会なので、ここぞとばかりに半ば押売りのように弊楽団「まつきり三郎とスイングバイ・ブラザーズ」CDを買って頂きました(笑)

そしてなにより、今回機会を作って、声掛けてくれた会田くん、そして一緒に演奏してくれたMakeMeSmileJazzOrchestraの皆様、そして一緒に呑んで、あまつさえCDも買って下さった皆様、本当に本当に有難うございました!

160614JJW_OB会@安田講堂byしほみさん08


ジェントルフォレストジャズバンド!

弊web管理人さんというかHP制作を1から10まで助けてくれた友人から
「ちゃんとblogを活用しなさい」とお叱りを受けたので、マメに書いてみるキャンペーン中。

今朝はちょっとのんびり始動なので、先週の振り返りを。

金曜は最年長の新入りとして先月から加入した「ジェントルフォレストジャズバンド」のライブ。

加入していきなりゲストシンガー交えてのレコーディング〜ロックフェスだったので、
GFJBのレパートリーばかりを演奏する、本来のライブは、初めて。

会場は表参道スパイラルホールB1のCAY(カイ)。

IMG_4066

自分の参加する現場としてはあまり普段縁のないオシャレな土地で、緊張しますね。

自分にとってはほぼ全曲が新曲。痺れました・・

時間かけて培われてる一体感、若いみんなのやる気、ショウアップに注ぐエネルギー。
すげえいいバンドで、参加出来て本当に嬉しいのです。

そして、この日のシークレットゲストがなんと、小松政夫さん!
(その様子が、こちらで記事になってました。)

IMG_4070

バンド演奏を小松さんが指揮をするコントで、ソロを振られるわたくし。
ラッパのベルがピッコロトランペットのように小さく見えるのは、気のせいです。

そして・・

生で見る、「しらけ鳥」!

IMG_4071

(※上記写真2枚はネットからの拾い物です。問題あれば消去します)

でもね。

メンバー若いから、21人居るなかで、リアルタイムにTVで観てたことあるの、

俺だけでした・・

なので、21人分ハシャいでおきました!(笑)


ハープとコラボ!

昨日は弊楽団「まつきり三郎とスイングバイ・ブラザーズ」で 渡邊真位さんお教室発表会のゲストでした。

昨日はハープ弾き歌いの渡邊真位(わたなべ まい)さん主催のお教室、「クレア」の発表会ゲストにお邪魔して、ゲストバンドとして演奏して参りました。

場違いなんじゃないの・・?な心配もなんのその、万雷の拍手で盛り上がって頂けて、メンバーにとっても大変楽しい時間でした〜

なかでも面白かったのは、まいさんのアイリッシュハープを交えてのコラボ演奏。

アイリッシュとスコティッシュの定番曲の中でも、スウィングジャズでも演奏されている”Loch Lomond”と”Danny Boy”の2曲を、この日の為にオリジナルアレンジをして臨みました。

手前味噌ですが、なかなかの出来映えだったんではないかな・・?

アイリッシュハープはグランドハープと違い、ダイアトニックな音しか出ない、つまりドレミファソラシの7音だけで半音階が出せません。しかも、キーもEb majorからE majorまで(楽理を囓った方なら判ると思いますが5度圏でいうフラット3個からシャープ4個まで)の7種類の調しか演奏出来無いのです。それもまぁ共演して初めて知ったわけですが・・

そうすると、ジャズのコード進行だと、出せない音がたくさん出て来てしまいます。

それを除けながら、うまくサウンドするようにするのが一苦労ですが、面白いところでした。

会場の「わとわ」さんも、こだわりの紅茶が頂ける素敵な空間でした。ここでまたライブがやれたらいいな〜。メガネっ娘の奥様がとってもキュートで、実は密かにファンだったりします(笑)

MCで喋っていて思い返してみたのですが、プレイヤーになったごく初期の頃、まいさんに出会うなり「あなた国立でライブしなさいよ」と言って頂いたのをきっかけにご縁を頂いて、以来ずっと国立ではライブをさせ続けて貰っているわけです。
そんな超お世話になってる国立の地に、弊楽団フルメンバーを連れて来ることが出来ということ・・
演奏終わるまでは全然考えてませんでしたが(笑)、改めて考えたらめちゃくちゃ感慨深いものがありました。

まいさん、メンバーのみんな、国立のみなさん、本当に本当にありがとうございましたー!!


銀幕デヴー

もとい、デビュー!でございます。

もともとドラマ、映画等の劇伴音楽が大好きだった弊楽団リーダーでありますが、なんとこの度、弊楽団サウンドが、ご縁あって

なんと銀幕で流れることに。

短編映画の劇中で弊楽団「まつきり三郎とスイングバイ・ブラザーズ」1stCDから2曲、使用されております。

笹木彰人監督作品:
「空を知らないカイコガは飛べる事を知らず地を這い回るのか」

ふとしたご縁で頂いた今回の話で、監督さんとは電話で一度お話したきりなのですが、
お名前にどうも聞き覚えが・・と思っていたら、

10年以上も昔、まだサラリーマン時代に、新宿紀伊國屋サザンシアターで彼のお芝居を拝見していたのです。その時は、今をときめく吉田羊ちゃんも出演してました・・ドロッドロのアングラ演劇だったけど(笑)

不思議なご縁に「ほへー」となってる次第です・・。

そして、
その映画が、「第3回八王子Short Film映画祭」にノミネートされたそうで、
12/06(日)に八王子にて行われる上映が、観覧可能みたいです。

観に行けなくて、超残念なのですが・・
お近くの方、是非足を運んで、感想を聞かせて下さい!

くぅ〜、スクリーンで直接観たかったようー!!

※以下、出演者である俳優・宮地大介さんの告知を転載。
——-
告知です。
この度、出演しましたショートムービーが上映されます。少し遠いですが、
お時間ございましたら、是非。

第3回八王子Short Film映画祭
【日時】2015年12月6日(日)13:00〜18:00
【会場】八王子日本閣-noce ange-
    東京都町田市相原町1008番地
    Tel 042-676-4122
    ※当日はJR八王子駅南口よりシャトルバスを運行します。
    ※アクセスについての詳細はコチラ
【入場料】無料
【一般部門】グランプリ  (1名 賞金10万円)
      準グランプリ (1名 賞金 5万円)
【学生部門】グランプリ  (1名 賞金 5万円)
      準グランプリ (1名 賞金 3万円)


バーチャル・レコ発(笑)!

CD発売日当日のライブ。

だけど正式な「レコ発ライブ!」はまだしばらく先にお預け・・という微妙さに、sax恭ちゃんが見事に名前を付けてくれました、題して

「バーチャルレコ発ライブ」(笑)

シルバーウィーク明けたばっかりだし、果たしてお客さん、来るのかなあと思っていたんですが、
蓋を開けてみたらお陰様で大盛況。
沢山の方が駆けつけて下さいました。

本当に有難い限り・・。

終演後、サニーサイドのさち子ママから「そんな大事な日のライブなんて知らなかったわ!おめでとう」と、紅白のワインを差し入れて頂いちゃいました・・

どっちも美味しかったです。

バンド立ち上げから4年半。

何もわからぬままにレコーディングスケジュールを組み、どうにかこうにか、発売に漕ぎ着けました・・。

それもこれも、手を差し伸べてくれた沢山の方々の親切心と、
弛まず付き合って友に音楽を磨き上げてくれたメンバーのもたらしてくれたものです。

IMG_3686
みんな、ありがとう!!

ほんとに嬉しいわ・・

振り返ってみれば、
初出演はかれこれ10年以上前のサラリーマン時代。
さち子ママが脱サラしてこのお店を始めたばかりの年でした。
そんな縁深いサニーサイドで初CDの発売日を迎えられたのは、完全に偶然なのですが(笑)
本当に幸せでした!

さち子ママ、本当にありがとうございました!

もちろん、CDの在庫はまだまだ山のようにありますので(笑)、

是非ライブに足を運んで、お手にとってみてやってくださいませ!


来たよ・・こんなに・・

き、

き、

キタ————————————!!!

我が人生初のCDとなります、
弊楽団「まつきり三郎とスイングバイ・ブラザーズ」の1stミニアルバムが、
プレス完了して、とうとう我が家へやって来たのであります!!

何枚もCD出してる人にとってはこんなのもう当たり前のことなのでしょうが、
もう感無量過ぎて、
吐きそうになるくらいテンション上がってます。
小学生か・・。

早く、1人でも多くの人に聴いていただけたら、嬉しいです
そうしないと、足の踏み場が・・ね・・
何箱も積み上がった段ボール箱に、しばしボーゼン(笑)

これから、外出時は常に持ち歩くようにするつもりですので、
ぜひぜひお声掛け下さいませ!


いつもと違う・・はじめての。

昨日は弊楽団「まつきり三郎とスイングバイ・ブラザーズ」リハでした。
しかし、いつもとは少し様相が違います・・

9/23に、弊楽団メンバーも毎年楽しみにしているアジア最大のベルギービールイベント「ベルギービールウィークエンド東京2015」に出演するのですが、売れっ子のgt加治くん、b菊ちゃんが出演出来なくなってしまったのです。

結成5年、いままでただの1度もトラ(代打)を立てたことのない弊楽団でしたが、今回は初CD発売直前・・もしかしたら当日の先行販売も間に合ってしまうのか?!という時期なこともあり、6人編成での出演をしたかったので、

・・バンド結成以来、初めての助っ人をお願いしました!

gtに、sax恭ちゃんのバンド”Swingers”でも弾いている実力派、吉原聡さん。

bは、柔らかな笑顔と裏腹に骨太なビートを刻んでくれる、入船裕次さん。

昨日はこのお二人に付き合って貰ってのリハでした。

書いた自分で言うのもなんですが、割と細かなあれやこれやが多いメンドーな弊楽団の楽曲を即座に理解してくれて、バッチリ弾いて頂きました。有り難や・・!

というわけで秋分の日、六本木ヒルズアリーナでは、いつもの弊楽団とはひと味違ったスウィング感をお楽しみ頂けると思いますよ。是非お運びくださいね。

我々渾身の1st CDも待っている・・かも!

———
【リーダーLive】

09/23(Wed・holiday) 13:30-

まつきり三郎とスイングバイ・ブラザーズ の・ようなもの

「ベルギービールウィークエンド東京2015」

Member: 松木理三郎tp、榎本裕介tb、渡邊恭一ts/cl、入船裕次 b、川村健pf、吉原聡gt
MC: ¥0(イベント入場チケットのみ)

六本木ヒルズアリーナ

東京都港区六本木6-10-1
042-488-0626
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅から徒歩7分


ついに・・できました!

開設!

まつきり個人ウェブサイト、10年振りのリニューアルオープンです。

めでたい!うれしい!!

もっと正確に言うと、まだアマチュアプレイヤーだった10年前に作って以来、ずーっと運用せずに放置していたのでリニューアルというよりはイチから開設し直した、というのが正しいのですが・・。

これで、「お前のライブ、行って観たいけど、ライブ情報は一体どこ見ればわかるのよ!?」
と言って下さる希有な方々に、顔向け出来るようになる、はず、です!!

どうぞよろしくお願い致します!

本ウェブサイト開設にあたって、2人の人物に多大なご協力を頂きました。
会田くん、槙本さん、本当にありがとうございました!!
あまりにお手を煩わせてしまい、とてもこの場でお礼を言い尽くせるものではありませんが・・
まずは感謝の意を込めて。

さぁ、頑張って更新しなくちゃ(笑)

cropped-ma71.jpg